国光産業  
 
ホームへ 国光産業会社概要 ろうそくキャンドル商品情報 リンク アクセスマップ お問い合わせ
 
    

ローソクの歴史・・・・ローソクの起源は古く紀元前から使用されていたとされていますが、日本には仏教伝来とともに伝えられ宗教儀式の際におもに用いられていたようです。一般に照明器具として普及しはじめたのは江戸時代に入ってから櫨の実を精製した製法が広まり、大量に生産されはじめてからと言われています。
現在は、石油精製で得られる高品質パラフィンワックスを使用して点火中に油煙のでないローソクが安定・大量 生産されています。
和蝋燭の原料のはぜの実はおもに弊社地元(九州筑後地方)でも少量生産されていますが、暮らしに明かりをともす伝統文化の精神は今も活き続けています。
ローソクの燃え方・・・ローソクは、火を点けたときの炎の熱で溶けたロウが芯を毛細管現象によって上昇し炎の中心に達した時に気化ガスとなり、その気化ガスが燃焼し炎が継続するというシンプルながら非常に考えられた照明機器です。

 
 
     
 
 
     

  
  
  
 
   
  
   
 
   
  
   
    
  
 
  
 
  
  

上図のようなサイクルを細かく繰り返しながら燃えつづけます。
微妙な炎の揺れはこのサイクルによるものですが、これを可能な限り抑えるため燃焼時に、糸芯がおじぎをするように曲がりながら燃えることにより、液化ロウを出来るだけ均等に芯内に供給し続ける工夫をほどこしております。 又、糸芯の素材や強さに工夫を凝らすことにより、個性豊かな炎の表情を付けることもできます。
このサイトは国光産業株式会社が運営しております。画像および文章の無断転載を固く禁じます。